長男は自閉症 ~小学4年生から6年生~

横浜に引っ越してきて直ぐにした事は区役所への手続き。それと並行して療育手帳の申請の為の相談所へ。無事に、夏休み中に手帳が手元に届いた。そして2学期が始まると直ぐに校外授業。場所が分からないと困るので、夏休み期間に家族で下見に行っていた我が家。とても楽しそうに過ごしていたせいか、学校のクラスとの馴染みは薄かったらしいが、 「場所は覚えてるので嬉しそうに遊んでました。」と、交流級の方の担任から教えてく...

長男は自閉症の、小学生 ~小学4年生の1学期~

4月の中旬に父親が一人で横浜に住む事になり、シンはどうか?「お父ちゃん、横浜。」そればかり言っていた。カレンダーにスケジュールを書き入れて、カレンダーに興味を持たせることに成功した。そこには一ヶ月分のスケジュールを書き込んでいき、月日の関係を勉強させた。それは、シンにとってはプラスの方に向いていった。5月、6月とカレンダー記入に、シンからの書き込みも増えてきた。「お父ちゃん、○日に帰ってくる。」だ。...

長男は自閉症 ~小学2年、3年生~

2年生、3年生になると、自分のやることに自信が持ててきたのか、自己主張をするようになってきた。1年生の頃とは違って、皆もシンの様子が気になっていたらしく、とっても良くしてくれる。校区外の小学校に行ってたので、毎日送迎をしていた私。行きは集団登校の場所まで送り、帰りは学校とか集団場所まで迎えに行っていた。それをしていたので、少しずつ自律してくるようになった。自立ではなく、自律ね。学校まで迎えに行くと、...

長男は自閉症 ~小学1年生~

入学式も無事に終わり、まるで予行演習したのが嘘みたいに、ばっちりだったわよ(^^晴れて小学校1年生♪ピッカピッカの1年生~♪マジで歌ってました^^;交流級のクラスに行き、隣の女の子の方に顔を向け「お!」と一声。好みのタイプだね、さすが素早いこと(^^たしか、幼稚園の頃からモテタもんね。でも、幼稚園時代では、タイプの子はいなかったし・・・色気づき始めたシンであった。いわゆる、初恋。いい響きだぁ~^^幼稚...