長男は自閉症 ~小学1年生~

入学式も無事に終わり、まるで予行演習したのが嘘みたいに、ばっちりだったわよ(^^晴れて小学校1年生♪ピッカピッカの1年生~♪マジで歌ってました^^;交流級のクラスに行き、隣の女の子の方に顔を向け「お!」と一声。好みのタイプだね、さすが素早いこと(^^たしか、幼稚園の頃からモテタもんね。でも、幼稚園時代では、タイプの子はいなかったし・・・色気づき始めたシンであった。いわゆる、初恋。いい響きだぁ~^^幼稚...

長男は自閉症 ~幼稚園 3~

運動会も終わり、クリスマス会、誕生日も終った。年明け・・・障害児を対象にした体育館が出来て、募集者を募る広告があった。抵抗あったが、勇気をだして行ってみた。たくさん人がいて、あぁ、あの子もそうなんだ、って思う子もいれば、そうでもない子も。その中で、兄弟時もいるということに気がついた。鈍い私・・・^^;障害児者を対象にした体操教室。年齢制限もなく、下は未就園児から上は小4までいた。親御さんも一緒にな...

長男は自閉症 ~幼稚園 2~

年も明け、段々と幼稚園に慣れていったシン。後3ヶ月で年長さんだね。というこの頃、年長はどうしようか?このままこの幼稚園で卒園させるか、それとも通所の方に変わろうか?そういう事をTから話をかけてきた。私は後1年なんだから、このまま卒園させてやりたい、と思っていた。だって、やっと友達が出来て、あだ名で呼ぶようになってきてるのに。その年の3月、某クリニックを通所から紹介してもらった。そのクリニックがある、と...

長男は自閉症 ~幼稚園入園~

愛媛県にある、瀬戸内海に面する某市。そこの某幼稚園に入園。引越してからは雨、雪以外の日は、言葉に甘えて遊びに行っていたシン。もちろん、弟のユーも一緒にだ。でも、1歳になったばかりのユーには、楽しんでは遊べない遊具ばかりだった(^^;シンは嬉しそうにロングの滑り台を、何度も何度も滑っては遊んでいた。そこの幼稚園には一般開放と言って、未就園児にも開放している日がある。そのときは、ユーも一緒になって遊べ...

次男坊の、期末の結果表

高校の期末試験が終わり、1週間。やっと、見せに来ましたよ。 「お母ちゃん、これ」ずららっ・・と斜め読みした後、再度ゆっくりと見ていく母。その母に向かって一言。 「今回の期末は、大会があったからね」ちょっと待て、中間もそう言わなかったか?ご自慢の数学は成績が少し下がってる。それに、英語の科目が1科目増えてるよ?なに、このなんとかは…?って、聞くと「文法」との事。なるほど、やっと文法の勉強をし出したの...

長男は自閉症 ~幼少時期2~

そう、我が家は転勤族。「途中からでも幼稚園は行けるよ」と、保育士から言われていた。でも、まだ心の葛藤が続いていた。そういう中での転勤話。でも、まだ実家に近い場所だった。それが、今度は海を渡っての移動。移り住む家には、まだ小学生の子がいて、夏休みになってから引っ越す事にした。うん、こっちもその方が気持ち的にいいよ。で、Tは夏休みに入るまで、数ヶ月程だけど単身赴任していた。 「旦那元気で、留守が良い♪」...

長男は自閉症 ~幼少時期1~

このブログを始めて、早7か月目。ここ等辺で、自閉症の長男の事を紹介しようと思います。↑ネタが無くなった、とも言う(-。-;)いや、書けないネタなら一杯あるけどねでも、気軽に書けるネタが・・・平成7年12月16日(土曜日)忘れもしない。12月15日は、検診の日だった。その日に言われた一言。「う~ん・・・、静脈瘤が破裂しそうだね。明日、入院して帝王切開しますね。」は?静脈瘤破裂?なに、それ?_?ってな感じで、まずは...

最近の自分…

仕事先の店長が変わって、早3週間。几帳面なのは良いけど、過ぎるんだよね。前の店長の方が良かった。と、しみじみ思うこの頃。前の店長は、B2程の濃さのシャープペンで見やすく、読みやすい字を書いてくれるざっくばらんに話せる雰囲気の人ジョークを交えながら、仕事のできる人ただ、言わんとする事でも、こっちから聞かないと言ってくれないビシッと、スーツを着て来る今の店長は、本当に几帳面で、HB程の濃さの鉛筆で綺麗な字...