長男の定期検査の結果説明

今日は、長男の再検査の日。

先月受けた作業所での定期検査の結果が、先週末に、作業所経由で手元に届いた。
その結果、Cという判定に。

えー、なにそれ。
しかも尿検査はタンパクが出てるって…。
血圧も高めだし。。。

そして、今日行ってきたのですね。

作業所の仕事が終わってから。


そして、説明を受ける前に、尿検査をして、先日の結果説明を受けたのだけど。

若い女医だった。
一言だけだった。
「腎臓にはなんの異常も見られなかったので、1年間に1回は定期検査を受けてくださいね。」
それでは、また来年。


今日は、その尿検査と血圧を測っただけなんだけど、その言葉だけで良いのか?

 「本当にそれだけで良いのか?」
という気持ちがあり、
 「どうして、タンパクが出るのですか?」
と聞くと、返ってきた言葉は、これだった。
 「検査当日は、機械で測るので誤差が出ることがあります。
腎臓には異常がないので、1年間に1回は定期検査を受けてくださいね。」

違うよっ!
 「タンパクを出さないためには、如何すればいいのですか?」
 「ですから、1年間に1回は定期検査を受けてくださいね。」

違うよっ!!
 「検査当日、自分で尿を採っているのですが、寝起きの最初は捨てる様に、と書かれてあるのですが。
そんなのはお構いなしに、全部、採ってしまうのだと思うのです。それでタンパクも出るのでしょうか?」
 「そうですね。そうだと思います。」
 「運動をしなくなったのも、原因になるのですか?」
 「腎臓に異常がないので、1年間に1回は定期検査を受けてくださいね」

ついに、堪忍袋の緒が切れた。
 「そういう言葉は、この結果を見れば分かります。
他には、ないですか?」

私の言いたいことが分かったのか、ナースが声を掛けた。
 「先生。もっと詳しい言葉で、お願いします。」
そしたら、その女医はジロッとナースを睨んで、言ってきた。
 「私は医者です。医者の言うことに耳を傾けてたらいいのです!」
もう、ほんとにムカついた。
なので、言ってやった。
 「この子は、自閉症です。健康体である人間ならいざ知らず。
この結果を見ても、何のことなのか分からない人間です。
そういった人間に対して、同じ言葉しか言えないのですか?」
 

なに、この女。
こんな女医ではなく、もっと経験豊富な医者でしてほしいわっ★☆★凸(--メ)(--メ(--メ)凸


その検査を受けての、結果説明でしょ。
どうして、もっと説明してくれないの?
 「何か質問とか、ありませんか?」的な言葉もなかったし。

長男は、話をしてるだけだから緊張してない。
だから、血圧も平均値になるわよ。

この女、まるっきり分かってない。
相手が、自閉症だから、親もそんなものだと思われてるのか。

不安だから、結果説明を親子で聞きに来てるんだよ!
安心したくて、でも異常がなくても、欲しい言葉があるのよ!!

 「タンパクが今日は「+-」だったから、あと1年間様子を見ましょうね。」

と、言うぐらい出来ないの?

まったく、ムカつく・・・




にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村





Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する