長男は自閉症 ~小学2年、3年生~

2年生、3年生になると、自分のやることに自信が持ててきたのか、自己主張をするようになってきた。
1年生の頃とは違って、皆もシンの様子が気になっていたらしく、とっても良くしてくれる。

校区外の小学校に行ってたので、毎日送迎をしていた私。
行きは集団登校の場所まで送り、帰りは学校とか集団場所まで迎えに行っていた。
それをしていたので、少しずつ自律してくるようになった。
自立ではなく、自律ね。

学校まで迎えに行くと、必ずと言っていいほど、皆に囲まれていた。
大きな事件もなく、無事に過ごせた2年間だった。
小さな事件としては、1年、2年、3年とそれぞれ、担任が変わったこと。
まぁ、これは仕方ないね^^;
でもね、それを素直に受け入れる事ができたのは、素晴らしい事だと思ってる。
在籍級は6組だからね。
あまり関係ないと思ってたんだろうね(^^;
3年生になると、クラス替えがあり教室も別棟になった。
とても、新鮮な感じだったらしい。
「3組さん♪」と、喜んでいた。
3組さん、好きよ♪とさえ出てきていた。

その頃は、自閉症児の母サークルに入っていた私。
色んなイベントがあり、それにも次男坊も連れては3人で行っていた。
色んな子供と交流が持てて、気になる子もいたし、友達もたくさんいた。
とっても、親子そろって充実していた余暇を過ごしていた。
家族では、家族旅行に、温泉に、ボーリングと。
それに夢中だったシン。
ボーリングはいつになっても「ボーリング行きます」と言っては、せがんでいた。


3年生の3月、後1ヶ月で4年生になる時。
ある日、会社にいるはずのTから「横浜転勤になった」と、電話があった。
転勤に伴い、住む所も見つけないといけないので、私が見つける。
子供は春休みということもあり、Tにまかせた。
私1人で、横浜へ飛んでは、不動産の担当の人と会い決めてきた。
帰りの飛行機が取れなくて、翌日の朝一の飛行機で帰った。
Tに電話して、「これこれ、これだから、帰れなくなった。でも決めたからね。」と。
「うん、分かった。」と返ってきた。

お陰で、私一人でホテルで優雅に過ごせることが出来たわけであった。
( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


そして、学校にもその事を伝える。
そして、シンも4年生。




☆彡↓ランキングに参加してます。ポチッと、クリックお願いします↓☆彡
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村





Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する